冬の妖精

f0032335_23225764.jpg


NIKON D70+AF-S 300mmF4D

家の近くの大きな沼には毎年数百羽の白鳥が渡ってきます。
聞くところによると、日本に渡来する白鳥のほとんどは、ユーラシア大陸の北部で繁殖するオオハクチョウや北極圏周囲部のツンドラで繁殖するコハクチョウです。彼等は、越冬のために何千kmも旅をして日本へやってきます。
その優雅な姿とは違いとても苦しく長い旅をして来ているのですね。

f0032335_22572883.jpg






f0032335_23262011.jpg


f0032335_22575059.jpg



D200+AF-S 300mmF4D+TC-14EⅡ

白鳥達は、親子、夫婦の絆が大変強く、つがいはどちらかが死ぬまで変わらないそうです。
夫婦、親子はいつも一緒に行動します。

また、越冬の時期が終わっても、傷ついた仲間のためにいつまでも飛び立たずに残っている群れがあったという話もあるそうです。聞いただけで少し涙が出ます。


f0032335_23292282.jpg


白鳥と共にカモも渡ってきます。こちらは少しユーモラス、なんだかシンクロナイズドスイミングみたいではありませんか?(笑)
[PR]

by tontonto-n | 2006-01-02 23:32 | 野鳥