NO.236 ヤマセミはいた!!

本日はかねてより計画していた山梨の鳥仲間との鳥遠征。
天気晴朗なれど、とても寒し( ̄Д ̄;;
f0032335_22121097.jpg
f0032335_227780.jpg


早朝の朝もや煙る水面を見つめながらヤマセミの出を待っていた。
凍えるような寒さの中、なかなか出てこないヤマセミにしびれを
きらし、ちょっと世間話などを・・・夢中になってしていたら・・・
目の前をシロっぽい鳥がひゅーーーーーーっと・・・・。

=( ・_・;)⇒ アレ??

そう・・・ヤマセミです。


カメラから離れていたこともあり、二人で手を振って見送ったことは言うまでもありません。
ちょっとは<(ToT)> シマッタァ! と思ったものの
きっとまた帰ってくる。
絶対に帰ってくる。
そう思っていました。
唄も唄いました・・・

かえってこいよ~♪
かえってこいよ~♪
かえってこぉいよぉおおおおおおおおおおおおっ~♪(*´○`)o¶~~♪



                            ・




                            ・






                            ・






・・・待つこと二時間・・・_| ̄|○




ヤマちゃん、それきり
ノークレーム、ノーリターンです(ヤフオクかっ!!)

仕方がないので、たまたま近くを飛んでいたカワウで撮影のイメージトレーニング。
f0032335_20141926.jpg
ノートリですが、これより遥かに近いところを飛んでいったことを思い出し涙にむせぶのでした。
せめてこころある皆さんはこれをヤマセミだとイメージしていただければ・・・(/ー ̄;)シクシク

どうも今日はヤマセミは定休日のようですので。
ここまで遠征してきて手ぶらでは帰れないと(心無いカメラ仲間から何を言われるか)
場所を移動してとりあえず数狙いに走ることで二人の利害は一致!

鳥が多いと言われている近くの某山の頂上付近にある水場に向かいます。
その場所は二人とも始めて行ったのですが。
駐車場から、地図を見ながら山道を歩くこと1時間以上・・・標高1300mまで

しかも二人ともそれぞれ

カメラ2台と望遠レンズと三脚持って片側が崖の、

人一人がやっと通れる山道を・・・

命がけで・・・

段々急になり、細くなり、足場が悪くなる山道を登りながら
心の中で叫ばずにはいられませんでした・・・。

ウソでしょ?

ウソ

ウソ

ウソ

ウソ

ウソ

ウソ

ウソ

ウッソぉおおおおおっ?!(T_T)




これはウソではなくてイカル
f0032335_20342186.jpg




これだ!


ワン
f0032335_20391232.jpg



ツー
f0032335_20392979.jpg



スリー
f0032335_20394884.jpg


上から、コガラ、ヤマガラ、シジュウカラのカラ三兄弟です。
はい、以上です・・・・。(ノд-。)クスン
しかもこの鳥さん達は山の水場ではなくて
何も出てこないので帰ろうと下りて来て、一番下にいた鳥さんたちです。

あの命がけの登山はなんだったん?( ┰_┰) シクシク

覚えてやがれぇぇえええええええええ(∴`┏ω┓´)/・・・(誰にだ?)


  ((( ̄へ ̄井) フンッ
f0032335_20563357.jpg

[PR]

by tontonto-n | 2007-11-20 20:01 | 野鳥